クルマ購入基礎知識

実車チェックの基礎知識

まずはじめに、実際にお車をご覧いただく際に最初に目にすることになるプライスボードの見方についてご説明します。

プライスボードの読み方

プライスボードには自動車公正取引協議会(公取協)の規約で表示する内容が決められています。価格以外にも走行距離や修復歴の有無などが書かれております。

1.現金販売価格
クルマの消費税込みの価格、車両本体価格です。購入する際にはこの金額以外に諸費用が必要となります。「車検整備付」と書かれている中古車は、車両本体価格に車検費用が含まれています。車検取得に必要なそのほかの税金や自賠責保険料は別途必要になります。
2.初年度登録(検査)年月
そのクルマが日本で最初に登録された年月です。新車の登録申請に対し、運輸支局が受理することをもって初年度登録といいます。国産車では年式ととらえて良いでしょう。輸入車や海外からの中古車(中古並行輸入車)は、年式と初度登録年月が異なることが多く、製造年や年式を表示する決まりになっています。なお、軽自動車は初度検査年が表示されています。
3.車検証の有効期限
車検の残期間の有無と、残がある場合の有効期限を提示しています。車検残があれば購入時に負担する費用の額が少なくて済みます。ただし、「車検整備付」と表示されている場合でも、車検に必要な税金などは別途必要となります。
4.走行距離数
そのクルマの走行距離です。メーター改ざんされている場合はここにその旨が表示されています。販売店が取り換えた場合は、取り換え前後のkm数を表示しています。
5.前使用者の点検整備記録簿
展示時点からさかのぼって過去2年以内(商用車は1年以内)に定期点検が行われ、その点検整備記録簿が備わっている場合は「有」、なければ「無」と表示されます。「有」の場合は定期点検整備の内容(12カ月点検など)が書き加えられております。点検整備記録簿は各記入時の走行距離や整備内容が記載されています。
6.修復歴の有無
自動車公正取引協議会(公取協)などで定めた部位が修復・交換されている場合、「有」にチェックマークがつきます。これ以外の部位であれば、たとえ修復・交換されていても「無」となります。修復歴が「有」の場合、別途書面に修復箇所が明記されます。
7.保証の有無
「保証付」と表示する場合にはその内容と期間を明示し、購入者には保証書を渡すことと決められています。
8.定期点検整備実施状況
定期点検整備の内容は法律で定められています。定期点検整備を実施して販売する場合は、「定期点検整備あり」と表示されています。「有」の場合、販売時までに実施する場合は「済」、販売時以降車両引き渡し時までに実施する場合は「納車時」と表示することになっています。また、「納車時」の場合は販売価格に整備費用(消費税込み)を含んでいるかどうか、含まれていない場合は整備費用の額も明記されています。
リサイクル料金の表示
自動車リサイクル料金が預託されているかどうかが表示されています。リサイクル預託金が車両本体価格に含まれているか、含まれていない場合は別途いくら必要なのかを表示しています。預託済みの場合は購入時に支払います。預託していない場合は廃車時に支払います。ただし、新車や未登録車は購入時に支払います。また、後付けのエアコンなどがある場合も同様に表示されることになっています。
修復歴車の定義
修復歴車の定義にはオークション会場が独自に定める複数の定義もあります。 公取協による修復歴車の定義では、フレーム、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、ルームフロアパネル、トランクフロアパネルのいずれかを修正したもの、もしくはラジエーターコアサポートを交換したクルマを修復歴車と定義します。修復歴車