クルマ購入基礎知識

実車チェックポイント

中古車はそれまでの使われ方や走行距離、整備によって1台1台が異なります。
傷やへこみなどそのクルマの程度を調べるポイントをご紹介します。

Check Point.1 外観

外観チェックは日中に行いましょう。暗いと傷を見落としたり塗装状態も分かりづらいからです。傷などは目視できるものだけでなく、開閉できるところは開閉してみましょう。ウィンドウやライト類にヒビはないかなど確認しましょう。全体のバランスを見るために、離れた所からも見てみましょう。

Check Point.2 内装

見るだけでなく、実際に座ってみたり動かしてみるのが一番です。ライトやオーディオなどのスイッチは必ずオンにして確認しておきましょう。また、シートにも実際に触ってみて確認することが必要です。タバコの焦げ付きや汚れが目立ったり、室内が臭わないか確認することをお勧めします。

Check Point.3 備品

スペアキーやスペアタイヤ、取扱説明書や工具類もあるかどうか確認しましょう。

Check Point.4 エンジンルーム

エンジンの始動時に異音や異臭がしないか確認しましょう。かかりが悪い場合はエンジン本体よりもバッテリーに問題があるケースが多いので、新品に交換してもらえるよう交渉しましょう。暖機後はアイドリングのチェックです。回転にばらつきがあるものは要注意です。少しでも気になる部分があれば販売店に原因を聞きましょう。

Check Point.5 試乗

問題なく運転できることを確認しましょう。ステアリングの操作感が軽すぎたり重すぎたりしないか、ミッションやアクセルに違和感があれば販売店に聞いてみましょう。