クルマ購入基礎知識

車庫証明申請書類の解説

ここでは、車庫証明申請書類についてご説明します。

自動車保管場所証明申請書

4枚の複写の用紙は剥がさず折らずに必要事項をボールペンで下まで写るように強く記入しましょう。見本も添付されていますので、よく確認しましょう。自宅と車庫の住所のほか、そこに保管するクルマの車名・型式・車体番号・クルマの寸法などを記入します。車名の欄にはモデル名ではなくメーカー名をいれましょう。印鑑はすべてに押印してください(認め印で構いません)。新車の場合、車体番号がまだできていない場合もありますので、提出時には空欄でも大丈夫です。

保管場所の所在地・配置図

保管場所の所在図には自宅と車庫の位置関係や直線距離を記入します。付近にある駅や交差点などの目印も書きます。自分の駐車場の寸法や駐車場のどこに位置するかを示す配置図、周辺道路や出入り口の幅も記入します。地図のコピーを添付して別紙参照とすることも可能です。立体駐車場の場合は配置図の代わりに、サイズ(全長、全幅、全高、車両重量)及び、管理番号(駐車場ナンバー)を持っていくことをお勧めします。

保管場所使用権限疎明書(自認書)

保管場所が自分の土地・建物の場合は住所を記入して押印します。家族が保管場所の所有者の場合には使用承諾書が必要になります。

保管場所使用承諾証明書

賃貸契約をしている場合は、その駐車場の所有者か管理者に自分が契約していることを証明してもらわなければなりません。所有者もしくは管理者に駐車場の場所と契約しているスペースの番号を記入してもらい、署名と押印をお願いしましょう。

※軽自動車の場合

軽自動車は地域によっては車庫証明を取得する必要がある場合とない場合があります。また、軽自動車は「申請」ではなく「届出」となるので、普通車と違い、別の日に保管場所標章を取りに行かなければなりません。手順は普通車の車庫証明取得と同じです。普通車の車庫証明取得に必要な自動車保管場所証明申請書が、軽自動車の場合は自動車保管場所届出書に変わります。車庫証明が必要になる地域は、全国軽自動車協会連合会のHPを参照するか、最寄りの警察署に問い合わせましょう。